Botanical color

ボタニカルカラー

使うほどに髪質も色も良くなるボタニカルカラー

ボタニカルカラーとは、自然の草木を原料とした染料を使用したヘアカラーです。通常のカラーは褪色していくときには弱い色が先に抜け、残る強い色に変色していきます。一方ボタニカルカラーによる色は、混合して作られた色ではなく単体のものですから、変色は起こしません。自然な色は四季の光や草花に調和し、柔らかさや優しさや安らぎをヘアスタイルに表現します。さらに、草木に含まれる油分、糖質、タンニンなどの成分が、髪をケアしながら、弾力やツヤ感、風合いを与えてくれます。

  • ボタニカルカラーはこのような方におすすめです。
    • 潤いがなくパサつく髪
    • 軟毛の髪
    • 艶がなくハリ・コシを出したい髪
    • くせ毛の髪
    • 褪色が激しい髪
    • カラーとパーマを同時にする髪
    • 白髪染めをする髪
  • ボタニカルカラーの特長

    草木に含まれる油分、糖質、タンニンなどの成分が、髪をケアしながら、弾力やツヤ感、風合いを与えてくれ、化学的に作られた通常のカラーと違い、髪にダメージを与えず、刺激臭もありません。また、色材に含まれるタンニンがたんぱく質同士を結びつける働きをするため、キューティクルを整え毛髪内部の栄養の流出を防ぎます。

    草木染めには髪質改善効果があるので、毛先の色落ちをこまめに草木染めで補うことにより、キレイな状態が維持できます。また、新しく伸びてきた根元が気にならないようなら、草木染めだけのカラーもおすすめです。「ボタニカルカラー」は他の植物染料と違って、草木に含まれる成分が弾力やツヤ感を与えてくれます。

    ※根元が伸びすぎている場合、もしくは大幅なカラーチェンジの場合は一度通常のカラーで整えた後 ボタニカルカラーをトリートメントとして行うことをお勧めします。

草木に含まれる成分、タンニン、フィトステロール、グルコースなどが、髪にハリ・サラサラ感・ツヤなど草木独特の髪質改善効果を与えます。

うこん:黄系/きはだ:黄系/エンジュ:黄系/藍:青系/コチニール:赤系/紅麹:赤系/すおう:赤系/アカミノ木:茶系